会社案内

会社案内

REDEFINING MEMS INERTIAL

Silicon Sensing 株式会社は、慣性センシングにおける世界をリードする企業です。 当社のシリコン製マイクロ電気機械システム (MEMS) 技術は、バイアスインスタビリティやアングルランダムウォークなどの極めて重要な領域において比類ないレベルの性能向上を実現します。 私たちは、最高水準の人材を擁し、最先端のイノベーション、研究、開発をリードしています。 私たちは、チーム一丸となって、どのような環境においても慣性センシング技術での課題解決に取り組んでいます。
Trusted by the Worlds Best

会社案内

世界最高峰の信頼

当社は 1999 年に MEMS 慣性センサの製造を開始しましたが、それ以来、世界だけでなく、当社の設計も進化し続けています。

これまでに全世界に向けて2900万個以上のセンサを供給し、多くが今も尚、稼働中です。 当社の製品は、世界をリードするテクノロジー企業から信頼されています。 自動車、航空から、測量、地図作成、海洋産業に至ります。 当社のお客様は、陸、海、空、宇宙を問わず、極限環境下での高品質、超高精度、そして信頼性の高い性能を提供する当社の製品を選んでいます。

会社案内

近未来の慣性課題を解決

当社は、ユニットのサイズ、重量、消費電力を最小限に抑えるなかで、技術の性能限界を拡大することを目指しています。 独立組織の分析によれば、当社の最新製品は、従来の大型、高重量で、はるかに高価なFOGベースユニットと同等の性能を提供していることが明らかになっています。

グローバルリーダー

25年のパートナーシップ

英国プリマスおよび日本の尼崎に本社を構えます。 当社は、1999年に設立され、Collins Aerospaceと住友精密工業によって共同で出資されています。

Collins Aerospaceのジャイロセンサと慣性センサの歴史は1913年に設立されたSperry Gyroscope Companyまで遡ることができます。Collins Aerospaceは慣性システムとその実世界での応用における豊富な専門知識をこのベンチャーに提供しています。 日本の尼崎市に拠点を置く住友精密工業は、シリコンMEMS製造技術においてユニークな専門知識を提供しています。

Celebrating 25 Years

タイムライン

当社の歴史

私たちの人々

チーム紹介

David Somerville

ゼネラルマネージャー/取締役

Jim Boyd

副総支配人兼プロジェクト・マネージャー

Mark Marshall

最高技術責任者

Marzia DiFatta

生産担当マネージャー

Eric Whitley

ビジネス開発リード

Darioosh Naderi

グローバル戦略・マーケティングリード

Lisa Garrett

調達マネージャー

Martyn Beech

品質マネージャー

Norman Cooke

コマーシャルマネージャー/会社秘書役

Satoru Miyamoto

ゼネラル・マネージャー

Hiroshi Tanaka

MEMSセンサー製造部長

Tomohisa Umemoto

品質保証部長

Seichi Yamashiro

品質保証マネージャー

Kevin Ito

マネージャー

Mika Nishioka

マネージャー

Daisuke Baba

ビジネス開発リード

Takashi Ikeda

MEMSウェハープロダクトマネージャー

Hiroyuki Sato

ウエハー製造マネージャー

Hitoshi Tauchi

工場管理・メンテナンスグループ マネージャー

Hidekazu Fujii

センサー技術マネージャー

Akihiro Miwa

生産管理マネージャー

Greg Wilkinson

営業マネージャー

Ron Palermo

USセールス・マネージャー

Gary Kittle

営業マネージャー

Mark Hunter

プリンシパルアプリケーションエンジニア

Kevin Swain

米州営業部長

Hiroki Yamamoto

営業マネージャー

Toko Miura

セールスエンジニア

チームからアドバイスや見積もりを得る

助けやアドバイスが必要です