,

CMS390 (縦型)

業界をリードする直交コンビセンサーで、全温度範囲で高性能のバイアスとノイズを実現します。

当社の CMS390 コンビセンサーは、1 軸ジャイロと 2 軸低 G 加速度センサーを組み合わせたものです。 このユニットは、ユーザーが選択可能なダイナミック レンジと帯域幅を備え、デジタル SPI 出力を備えています。 CMS390は横置き(直交)で設置されており、CMS300と組み合わせることで1枚のボード(PCBA)で全軸の測定が可能になります。 3つのチャネルすべての測定範囲と帯域幅は、ユーザーが個別に選択できます。

生産ステータス:生産中
※オンライン注文は現在利用できません。
直接当社までご連絡ください sales@siliconsensing.com
入手性:在庫あり
カスタマーアプリケーション:新規および既存のアプリケーション


CMS390
Supply Voltage3.3V
Angular Random Walk0.40º/√hr
Bias Instability10°/hr
Bandwidth (nominal)45, 55, 90 or 110Hz Acc; 45, 62, 95 or 190Hz (user selectable)
Operating Temperature-40°C to +125°C
Angular Rate Range±150°/s to ±300°/s
Current Consumption8mA
Velocity Random Walk<0.05 m/s/√hr
Noise Spectral Density Gyro0.1 °/s rms
Noise Spectral Density Acc1mg rms
Vibration Rectification (ACC)0.001°/s/g2 rms to 0.003°/s/g2 rms
Rate SF over Temp±2.0%
Rate Bias Over Temperature±1.0˚/s typ ±1.75˚/s max
Acc Bias over Temp±30mg to ±75mg
Acc SF over Temp±2.5%
Baud RateSPI msg rate max 10kHz clock rate 7MHz
Accelerometer Bias Instability<0.05mg
Vibration Rectification Error0.001°/s/g2 rms to 0.003°/s/g2 rms
Rate SF over Temp (Gyro)±2.0%
Datasheet

チームからアドバイスや見積もりを得る

助けやアドバイスが必要です